SlackのWebHookが色々捗る

Slackへの一方的な通知だと、Webhook URLに向かってPOSTするだけなので、実装自体はめちゃくちゃ簡単。
ただ、そのWebhook URLをどうやって取得するのか?っていうのがむしろこのエントリーのキモですかねw

ブラウザからSlackにログインして、以下から取得。
https://my.slack.com/services/new/incoming-webhook/
以上、このエントリーのキモな部分は終了しましたw

これだけだと、ちょっとあれなんで、送信するサンプルでも。

use strict;
use warnings;
use utf8;

use Furl;
use JSON qw/encode_json/;

my $url = 'https://hooks.slack.com/services/xxxx/xxxx/xxxxxxxxx';
my $data = {
    'channel' => "#test-bot",
    'username' => 'bot',
    'text' => 'これはテスト。これはテスト。',
};

my $f = Furl->new();
my $res = $f->post( $url, ['content-type' => 'application/json'], encode_json($data) );

上記は、Perlのサンプルですが、別にURLにjsonをpostするだけなので、どの言語でもあんま変わらないかと。

エラー通知や、cronの実行結果とか、メールで送られるレポートみたいなのは、お手軽にSlackに飛ばせそうですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください