WordPress 3.7-jaがリリースされたので、さっそくアップデートしました。

今回のアップデートの目玉「自動バッググラウンドアップデート」とは

v3.6までは管理画面から更新ボタン押すとか、サーバーに入って更新ファイルをDLするとか、そんな手順が必要だったわけですが、今後は自動でアップデートがされるようですねw

※v3.7のデフォルトで自動アップデートが行われるのはマイナーバージョン(3.7 -> 3.7.1)の更新と、ローカライズファイル(日本語用のファイルとか)だけのようです。

更新の無効化?!

WordPress系の記事を書いてるブログには、無効化する方法が掲載されてるのをちらほら見かけましたが、セキュリティ系の更新を放置しているサイトが多い為に今回の対応があったはず。
それをまたわざわざ無効にするってのが・・。
商用サイトだと「ステージング環境は自動更新」、「本番環境は手動更新」って運用もありそうなので、いちおうリンク貼っておきますw
(自動バックグラウンド更新の設定 – WordPress Codex 日本語版)

攻め攻めのあなたへ

「メジャーリリース?開発版?どんと来いよ!」と思ってる方は、

// 開発版、マイナー、メジャーをすべて自動化
define('WP_AUTO_UPDATE_CORE',true);

をwp-config.phpに書いておけば幸せになれそうですね。

そこまで攻め攻めじゃなくてもいいよーって人もいるでしょう。
「開発版はさすがにちょっと・・」って人は

// メジャー有効
add_filter( 'allow_major_auto_core_updates', '__return_true' );
// マイナー有効
add_filter( 'allow_minor_auto_core_updates', '__return_true' );
// 開発版無効
add_filter('allow_dev_auto_core_updates', '__return_false');

をfunction.phpに書けば「マイナーとメジャー」は自動更新みたいな感じにできそうです。

最後に

WordPressのアップデートは機能の追加もありますが、セキュリティアップデートがかなり含まれています。
自動更新は基本的には有効に。
事情により無効にしたとしても、セキュリティを守る為に必ずアップデートをするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください