今更ながらMojoliciousはじめました。(インストール編)

今まではCatalystを触っていたんですが、少しずつMojoliciousも触ってみようと思います。
(次に何か作る時は、Mojolicious使うと思いま)

インストール

公式Mojolicious – Perl real-time web frameworkを参考にまずは、下記コマンドでインストール。

$ curl get.mojolicio.us | sh

アプリの作成(Mojolicious::Lite)

mojo generate lite_app my_app.pl

これで、my_app.plが作成されました。

perl my_app.pl daemon

デフォルトはポート3000番で起動したみたいですね。

IP直打ちで確認してみます。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head><title>Welcome</title></head>
  <body>Welcome to the Mojolicious real-time web framework!
</body>
</html>

動いたぽい。

アプリの作成(Mojo)

mojo generate app MyApp

今度は、ファイルが沢山作られました。

$ tree my_app
my_app
├── lib
│   ├── MyApp
│   │   └── Example.pm
│   └── MyApp.pm
├── log
├── public
│   └── index.html
├── script
│   └── my_app
├── t
│   └── basic.t
└── templates
    ├── example
    │   └── welcome.html.ep
    └── layouts
        └── default.html.ep

とりあえず起動してみます。

$ perl script/my_app daemon

で、アクセス。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head><title>Welcome</title></head>
  <body><h2>Welcome to the Mojolicious real-time web framework!</h2>
This page was generated from the template "templates/example/welcome.html.ep"
and the layout "templates/layouts/default.html.ep",
<a href="/">click here</a> to reload the page or
<a href="/index.html">here</a> to move forward to a static page.
</body>
</html>

動いてるぽい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください