Mojolicious(Perl-WAF)再入門したっ!

ドキュメントとかチュートリアルを見ながらちょっと触ってみます。

インストール+アプリ作成

とりあえずcpanmでインストール

cpanm Mojolicious

mojoコマンドが使えるようになったので

mojo generate app MyApp

これで雛型が作られたので、とりあえず起動してみます

morbo script/my_app
Server available at http://127.0.0.1:3000

(morboで起動すると勝手にアプリが再読み込みされるぽい)

アプリが起動できたので、ブラウザからアクセス。
無事に表示できているようです。

ルーティング

$r->get('/')->to('example#welcome');

これで、 「/」のアクセスが「lib/Example.pm」のwelcomeが呼ばれるようですね。

テンプレート

すでにあった「welcome.html.ep」を表示してみます

sub welcome {
  my $c = shift;
  $c->stash(msg => 'test');
  $c->render(controller => 'Example', action => 'welcome');
}

に書き換えて、ブラウザからアクセス。

<h2><%= $msg %></h2>

ここにstashで渡した「test」が表示されてます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください