thinking now...

旅とライブと祭と廃墟。

express(node.js)のテンプレートエンジンを「ejs」にしてアプリを作成してみる。

   

前回は、expressのdefaultのテンプレートエンジン(jade)でアプリの作成をしましたが、今回はejsに変更しようと思います。
(前回のエントリー -> 「node.jsのフレームワーク「express」を動かしてみる。」)

ejsのインストール

npm install -g ejs

テンプレートエンジンがejsのアプリの作成

express -e test-ejs

-eのオプションを付けるだけで、テンプレートエンジンがejsになったアプリが作成されました。

jadeの時は、

views/
├── index.jade
└── layout.jade

になっていたファイルが、

views/
└── index.ejs

になりました。

app.jsのview engineもejsになっていますね。

とりあえず、起動してみます。

node app.js

デフォルトの3000番で起動できたので、localhost:3000にアクセス。
当然ですがjadeと表示は同じですねw

jadeの方が書く量は少なそうですが慣れが必要というか、、ejsの方が直観的で個人的にはこっちの方がいいなぁ。

 - JavaScript, node.js